漢方相談薬房 杉並区 荻窪 静和漢方堂(旧薬局)
東京都杉並区荻窪にある静和漢方堂(旧薬局)は、女性のための女性薬剤師による漢方専門相談薬房です。TEL 03-3220-1515

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療
アトピー性皮膚炎・喘息
不妊症
がん
その他の病気

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 症例
症例
お客様の声

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療 漢方の広場
治るための6つの重要事項
ニュースレター
本紹介
ブログ・香花橘時鳥Column

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局漢方治療 ご案内
ご挨拶
静和漢方堂(旧薬局)ご案内
ご感想メール
お問い合わせ

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療 お役立ちリンク集
リンク集
相互リンク

症例
症例 症状 年齢・性別
唾液分泌過多 抗生物質・風邪薬を服用後、唾液の分泌が多くなり… 48歳 男性

【2005年3月10日】
 唾液の分泌が多くて困っている。2004年12月に風邪を引いて、2週間・抗生物質を、3週間・風邪薬を服用。その後から唾液の分泌が多くなった。病院に行っても治らない。精神安定剤が処方される。2月から医師に処方された花粉症の薬を服用している。寒がり。夏でもあまり汗をかかない。

■コメント
 漢方で言うところの脾虚の典型で、唾液の分泌が過多になっています。もともと脾胃があまり丈夫でない体質なのに、抗生物質や風邪薬で脾胃に負担を掛けた為に、脾虚になり、唾液の分泌過多になりました。脾胃を立て直す漢方薬を処方しました。

 医師から処方されている花粉症の薬も脾胃に負担が掛かるので、中止して頂き、脾胃に負担の掛からない漢方の花粉症薬にしました。

【2005年3月22日】
 漢方の花粉症薬を服用したら、花粉症がとても楽。唾液はまだ多い。

【2005年6月15日】
 唾液の分泌が減った。しばらく止めていたらまた増えてきたので、また服用したいとのこと。

■コメント
 その後は順調に回復しました。抗生物質、風邪薬、花粉症薬などの西洋薬は、脾胃にとても負担が掛かります。脾胃の弱い方は、注意しましょう。

COPYRIGHT(C) 2000-2018 漢方相談専門薬房 東京都杉並区荻窪 静和漢方堂(旧薬局) ALL RIGHTS RESERVED.