漢方相談薬房 杉並区 荻窪 静和漢方堂(旧薬局)
東京都杉並区荻窪にある静和漢方堂(旧薬局)は、女性のための女性薬剤師による漢方専門相談薬房です。TEL 03-3220-1515

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療
アトピー性皮膚炎・喘息
不妊症
がん
その他の病気

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 症例
症例
お客様の声

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療 漢方の広場
治るための6つの重要事項
ニュースレター
本紹介
ブログ・香花橘時鳥Column

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局漢方治療 ご案内
ご挨拶
静和漢方堂(旧薬局)ご案内
ご感想メール
お問い合わせ

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療 お役立ちリンク集
リンク集
相互リンク

ニュースレター
ニュースレター キーワード
汗かき 汗かき



【汗かき症は、虚症(体力がない)】


漢方的にみると、汗かき症の方は、虚症(体力がない)の方が多いです。


また、「どこに汗をかき易いか」で、「身体のどの部分が弱っているか」を知る手掛かりになります。


例えば、顔の汗はホルモン失調、頭の汗は肝、腋の汗は肝(又は胃)、手のひらの汗は胃(又は肝)、足の裏の汗は腎が弱っていると推測出来ます。



【 気が漏れる 】


5月末30度近い気温が続いていた頃に来店された患者さんは、単に「汗かき」と言えないほどの汗かきで、ちょっと暑いと滝のように汗が出て、盛夏の頃には甚だしく疲労するという方でした。


このような汗は、「汗をかく」というよりも、「気が漏れる」状態で、体力が落ちて「表虚」になり、気がどんどん漏れ出てしまう状態です。そして、体力がないのに、さらに気が漏れるから、益々元気がなくなり、甚だしく疲労してきます。


このような「気が漏れる」状態には、補養の剤、つまり滋養強壮の働きを持つ漢方薬で、体力をつける必要があります。



【 高が汗と侮らないこと 】


体力低下は万病のもとですから、高が「汗」と侮らずに、汗かきで困っている方、部分的に汗が多い方は、早めに静和漢方堂にご相談ください。(TEL03−3220−1515)




 

COPYRIGHT(C) 2000-2018 漢方相談専門薬房 東京都杉並区荻窪 静和漢方堂(旧薬局) ALL RIGHTS RESERVED.