漢方相談薬房 杉並区 荻窪 静和漢方堂(旧薬局)
東京都杉並区荻窪にある静和漢方堂(旧薬局)は、女性のための女性薬剤師による漢方専門相談薬房です。TEL 03-3220-1515

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療
アトピー性皮膚炎・喘息
不妊症
がん
その他の病気

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 症例
症例
お客様の声

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療 漢方の広場
治るための6つの重要事項
ニュースレター
本紹介
ブログ・香花橘時鳥Column

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局漢方治療 ご案内
ご挨拶
静和漢方堂(旧薬局)ご案内
ご感想メール
お問い合わせ

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療 お役立ちリンク集
リンク集
相互リンク

ニュースレター
ニュースレター キーワード
マタニティーブルー、産後うつ マタニティーブルー、産後うつ



 マタニティーブルー、産後うつは、待望の妊娠をした妊婦さん、、待望の赤ちゃんを迎えたお母さんにとって、困った問題ですね。その原因と対策についてのお話です。


【亜鉛不足】

 胎児の心臓、脳、骨、また母乳などを作るタンパク合成のためには、亜鉛が必要不可欠です。

 胎児・赤ちゃんの成長のために、お母さんは母体を犠牲にしても、胎児・赤ちゃんに亜鉛などの栄養を与えますので、妊婦さんや出産後は、亜鉛不足でうつ状態になり易くなります。


【ホルモンバランスの変化】

 また、産後うつには、ホルモンバランスの変化も大きく影響しています。

 妊娠中に大量に分泌されていた2つの女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが、産後は、一気に減少し、ホルモンバランスが大きく変動し、精神的に不安定になり、自律神経にも影響が出て来ます。


【生活の変化】

 さらに、育児は24時間体制で昼夜関係なく続きます。慢性的な睡眠不足が続き、まだ残っている出産の疲れもあり、亜鉛不足、ホルモンバランスの急激な変化などと相まって、産後うつを発症します。


【マタニティーブルー、産後うつには、漢方薬】

 マタニティーブルーや産後うつは、補気(元気を補う)、補血(働ける血を増やし血流を良くする、ホルモンのバランスを整える)の働きのある漢方薬や、牡蛎肉エキス製剤(亜鉛、ミネラル、ビタミン豊富)を服用することで、とても楽になります。

 漢方薬や牡蛎肉エキス製剤は、妊婦さん・お母さんが服用しても、胎児・赤ちゃんに悪影響はなく、むしろ良い影響を与え、妊婦さん・お母さんも元気になります。母乳も安心して、赤ちゃんにあげることが出来ます。

 マタニティーブルーや産後うつで、お悩みの方は、静和漢方堂にご相談ください。遠方の方は、お電話にて相談をお受けし、宅急便にてお送りする事も出来ます。まずは、お電話ください。静和漢方堂TEL 03‐3220‐1515





COPYRIGHT(C) 2000-2018 漢方相談専門薬房 東京都杉並区荻窪 静和漢方堂(旧薬局) ALL RIGHTS RESERVED.