漢方相談薬房 杉並区 荻窪 静和漢方堂(旧薬局)
東京都杉並区荻窪にある静和漢方堂(旧薬局)は、女性のための女性薬剤師による漢方専門相談薬房です。TEL 03-3220-1515

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療
アトピー性皮膚炎・喘息
不妊症
がん
その他の病気

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 症例
症例
お客様の声

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療 漢方の広場
治るための6つの重要事項
ニュースレター
本紹介
ブログ・香花橘時鳥Column

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局漢方治療 ご案内
ご挨拶
静和漢方堂(旧薬局)ご案内
ご感想メール
お問い合わせ

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療 お役立ちリンク集
リンク集
相互リンク

ニュースレター
ニュースレター キーワード
心と病気の関係6、二人目不妊 二人目不妊



【自分を追い詰める不妊治療】


 不妊治療は、精神的にも肉体的にも過酷で、自分を追い詰めてしまうところがあるようです。先回に引き続き、不妊症について考えてみます。今回は二人目不妊です。


 基本的な体力が低下し、生命力が落ちてきたために、不妊症の方が増えてきました。一人目を何とか妊娠出産したものの、そこで力尽き、二人目がなかなか出来ない方も非常に多くなっています。



【二人目不妊のCさんの場合】


 一人っ子で育ったCさんは、息子にどうしても弟妹を産んであげたい思いで、ホルモン療法をし、体外受精を何度も試みました。ホルモン療法では、身体に震えや吐き気がでてとても辛い思いをしました。しかし、二人目がなかなかできませんでした。



【自分を責めるCさん】


 Cさんのお住まいは新興住宅地で、若い人達が多く、このところ赤ちゃんラッシュが続いており、そんな中で、不妊治療を受けながら、二人目がなかなか出来ない自分が惨めになり、少しの間でもそこから離れようと、パートの仕事に出るようになったとのことでした。


 そんな中で、二人目不妊で悩んで「死にたい」とまで言っていた友人の相談に乗り、励まし、その友人がやっと妊娠し、出産した事がとてもうれしい反面、僻みのような気持ちもあり、そんな自分がイヤになると話していました。


 私は、「自分の中に出てきた感情には良いも悪いも無いから、自分を責めないで、ありのままの感情をそのまま受け止めて。受け止めて、自分を赦していくことで、楽になるから。自分の感情を否定して押し込めると益々苦しくなるよ」とお話しました。


 自分を責めずに、ありのままの自分を受け止めていくことはとても大切です。そうすることで、こころが解放されとても楽になります。こころが解放されて楽になると、気がうまく巡り、自律神経やホルモンのバランスも整い、身体全体の調子も良くなります。



【すでにある幸せに気付】


 「二人目を産む」という事だけが目的になってしまうと、どんどん自分を追い詰めて苦しくなってしまいます。


 「ないもの」だけ見ていくと、どんどん惨めになって行きます。自分の周りにすでにある「すばらしいもの」が見えなくなってしまいます。自分の周りにはすでにすばらしいものがあって、実は自分はとても幸せなのだと言う事に気付いてください。


 Cさんには、やさしいご主人とかわいい息子さんがいます。今の幸せを充分味わって下さいと、お話ししました。



【兎に角、焦らない事!】


 静和漢方薬局で、3ヵ月半ほど漢方薬を服用した頃、Cさんは妊娠しました。しかし、身体が何となく熱っぽい、だるいなどの微かな反応はあったのですが、妊娠しているかどうか直ぐには分からず、仕事も休めないので、無理をしてしまい、その結果流産してしまいました。


 残念がるCさんには、今まで、人工授精しても体外受精してもだめだったのに、流産はしてしまったものの、「自然妊娠した」と言う事は、ある程度身体が快復したということです。3歩進んで、流産で2歩下がってしまいましたが、1歩は進んだとお話しました。


 身体造りには時間が掛かるので、最低1年間は時間をとってじっくり取組んで欲しいと思います。


 Cさんの場合、まだ早かったのだと思います。やっと身体が整いつつある時に妊娠し、しかも無理をしてしまったので、流産してしまいましたが、もう少し時間をかけて、じっくり身体造りをしたら、流産する事もなくなります。兎に角、焦らない事です。


 そして、それとともに現在の幸せを充分に味わって、自分を追い詰めないようにとお話ししました。



【無事男の子を出産したCさん】


 Cさんは、流産後しばらく落ち込んでいましたが、引き続き漢方薬をしっかり服用し、養生して、「自然な妊娠出産のできる身体造り」をしたところ、5ヵ月後に再び妊娠しました。今度は、無理をしないように気を付けて、無事男の子を出産しました。おめでとうございます。



【二人目不妊でお悩みの方は、静和漢方堂にご相談ください】


 静和漢方堂(旧薬局)では、カウンセリングと漢方薬、養生法の指導で「自然な妊娠出産のできる身体造り」のお手伝いを致します。服用する漢方薬は、体質によって異なります。詳しくは静和漢方堂(旧薬局)にご相談下さい。(TEL03-3220-1515)





COPYRIGHT(C) 2000-2017 漢方相談専門薬房 東京都杉並区荻窪 静和漢方堂(旧薬局) ALL RIGHTS RESERVED.