漢方相談薬房 杉並区 荻窪 静和漢方堂(旧薬局)
東京都杉並区荻窪にある静和漢方堂(旧薬局)は、女性のための女性薬剤師による漢方専門相談薬房です。TEL 03-3220-1515

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療
アトピー性皮膚炎・喘息
不妊症
がん
その他の病気

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 症例
症例
お客様の声

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療 漢方の広場
治るための6つの重要事項
ニュースレター
本紹介
ブログ・香花橘時鳥Column

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局漢方治療 ご案内
ご挨拶
静和漢方堂(旧薬局)ご案内
ご感想メール
お問い合わせ

漢方相談薬局 杉並区 荻窪 静和漢方薬局 漢方治療 お役立ちリンク集
リンク集
相互リンク

がん
がん

がんは自分で創ったもの
記事
 
 がんになるには必ず原因があります。決して晴天の霹靂のごとく、ある日突然、天から降ってきた災いではありません。がんの芽ができて、早期がんとして発見される「大豆粒の大きさ(約1g)」になるまでに、何と20年〜30年かかるのです。
 
 あなたが、体の中で、何十年も大切に大切に育ててきたのです。とすれば、自分で造ったものは自分しか治せません。
記事
 
 発がんイニシエーター(癌になる引き金)である化学物質、放射線、紫外線、ヴィールスなど、自分以外の原因も影響しているかもしれませんが、それでも、何十年と大切にがんを育ててきたのは、あなた自身です。
line

「何故、自分はがんになったのか」
記事
 
 「なぜ自分はがんになったのか」よく観てみましょう。自分のライフスタイル、食事、心など、必ず原因があります。無理をしていないか、食事はバランスが取れているか、心に引っ掛かっていることはないか、自分を良く観てみましょう。病気と向き合うことは、自分と向き合うこと、自分の人生と向き合うことです。

 病気は自分自身からの大切なメッセージです。何を伝えようとしているのか、自分と向き合って、よく観て下さい。きっとすばらしい気付きがあります。気付くことで、あなたが変わる、心が変わる、生活が変わる、食事が変わる、身体が変わる、治癒はもうすぐそこです。
line

人任せにせず、「自分で治す」と決断する
記事
 
 がんは、自分で造ったものですから、自分しか治せないのです。医師や薬にすべてお任せではなく、「自分で治す」と決断し、今、自分が出来ることを選択し実行しましょう。

 当ホームページで紹介している「がんの患者学研究所」が発行して月刊誌「いのちの田圃」のがんを克服した方達のメッセージをぜひ読んで下さい。
line

心、食事、ライフスタイルをリセットする
記事
 
 免疫力を高めるためには、まず心が元気になることが一番大切です。自分の心としっかり向き合って、心の言い分を聞いてあげてください。我慢して頑張ってきた自分を解放してあげましょう。

 心の次に大切なのは、食事。日本人が昔から食べてきた食べ物は、日本人に一番合っていて、体の免疫力も高まります。当ホームページで紹介している「治る食事」を参考にして下さい。
記事
 
 無理な生活をしていませんか?出来るだけ自然に則った生活をしましょう。お日様と共に起き、夜は早く寝ましょう。
line

攻撃的な治療は、治る力を奪う
記事
 攻撃的な治療(手術、放射線、抗がん剤など)は、一時的にはがん細胞が小さくなるかも知れませんが、攻撃の手を緩めた途端、がん細胞はまた活発に増殖を始めます。

 弱った体を、これでもか、これでもか、というほど、徹底的に痛めつけるような治療は、免疫力を著しく低下させ、治る力を奪います。
line

自分自身が持っている治る力を高めよう!
記事
 
 漢方薬は、弱った体を補い、気血を補い、胃腸の働きを助け、「治る力を引き出すお手伝い」をします。発がんイニシエーター(がんの引金)であり、発がんプロモーター(分裂促進)である「活性酸素」を除去し、免疫細胞を活性化する漢方薬を服用し、自分自身の持っている治る力を高めて下さい。

 当薬局では、お体全体の状態を詳しくお伺いし、お体に合った漢方薬を選薬・調合いたします。初回の相談にはぜひご本人様がいらして下さい。ご本人が漢方で治療することを選択、納得して服用することが必要ですし、治る為には、他人任せではなく、患者さんご本人の「自分で治す」という意識が何より大切だからです。

 相談は予約制になっておりますので、お手数ですが、予めお電話にてご予約の上、ご来店下さいます様にお願いいたします。
line

すべての病気は、「自分自身の持っている治る力」で治る。
記事
 いつもこのことを念頭において、自分を良く観て、どうしたら治る力が湧いてくるか、考えましょう。

 「治る力を弱めるようなことは出来るだけ避ける」ことと、「治る力が湧いてくるようなことには積極的に取組む」ことが大切です。。
がん関連記事 自分で治す(ガンの手当て) 

がん関連記事 身体の土台を造る「カタライザー21」

がん関連記事 本紹介

がんページ TOPへ戻る

COPYRIGHT(C) 2000-2018 漢方相談専門薬房 東京都杉並区荻窪 静和漢方堂(旧薬局) ALL RIGHTS RESERVED.